その消毒、大丈夫?よかれとおもっての消毒で予期せぬ事態に。

今や全世界での問題として毎日嫌になるほど新型コロナウイルス、感染症のパンデミック(世界的大流行)の話題でもちきりです
お店やご家庭でも一般的となった消毒液もいろいろなものが出回り、また求める人で品薄となっています
しかしながらそれらすべてが同じものかと言うと、当然違います
殺菌力の高いもの、ウイルスにしっかり効くもの、また吹きかけたときだけ有効なものから持続的に有効なもの
様々なもので溢れております。
そこまで意識していないという方もおられるかと思いますが、何でもかんでも皆殺しにする消毒が果たして最善と言えるでしょうか?
毎日何度も行うその行為を無関心なまま行っていて良いでしょうか?
健康志向高まる昨今ではご存じの方も多いかと思いますが
腸活などという言葉もあるように、腸内の細菌のバランスが健康に大いに影響することはすでに知られていることで
これはなにも腸内だけのことではなく、口腔内や皮膚においても同様に善玉菌と悪玉菌、日和見菌といった細菌が存在しています
ウイルスはとても怖い存在ですが、これらを不活化、死滅させるためになんとなく行っている消毒
その結果として通常の薬品では皮膚に存在する菌は善も悪もなくもろとも死滅しています
悪玉菌のみ殺すことができるのならば問題はありませんが、善玉菌も当然のごとく殺してしまうのです。

ウイルスは細菌とは別物で、細胞すらもたない物体、病原体でありこれを不活化すること自体なかなか難しいなかで
言うなれば、致し方なくそうした薬品を用いているというのが現状だと思います
しかし我々は細菌とともに共生して健康を保って生きています。
また、薬品は殆どの場合使いすぎると有害
安全な濃度の記載があったとしても、希釈が必要なもの、またどの程度の希釈で利用すべきか正しく理解されているでしょうか?
そもそもその安全な濃度やそのテスト結果も、「人間に対して」という基準がほとんど
その薬品、ペットや、小動物にはどうでしょうか?
もちろん同じ人間でも、まだまだ身体の小さなお子様にはどうでしょうか?
できることなら有益な菌は残したい。
そしてなにより間違いなく安全なものを使いたい。
そこでぜひお試しいただきたいのが、何億年の進化の過程で手に入れた叡智ともいえるフィトンチッド
人間のように走って逃げることもマスクすることもできない植物、樹木は
フィトンチッドを放出して自分の周りの環境を強制的に浄化し、過ごしやすい環境に整えていると言われています。
その環境を人々の環境に取り入れることを目的として開発されたのがフィントンエアー
空間まるごと浄化のフィトンエアー
そして、フィトンチッドスプレーも有用です
(また口腔内、腸内環境をターゲットしたフィトンキャンディもあります)
何気なく使っている消毒液について一度お考えいただいてはいかがでしょうか?

参考

『腸内フローラとフィトンチッド』
http://www.phyton-air.com/phytoncide/intestinal_flora_phyton.html
「口腔内環境にしろ、腸内環境にしろ、抗生剤や化学薬品(医薬品)をむやみに使いすぎたり、超清潔志向が菌叢のバランスを欠いてしまって、結局、宿主の役に立たないだけではなく、悪い結果を招いてしまっています。」(富山医科薬科大学 生化学・腸内細菌学 名誉教授 小橋恭一先生 談)

お問い合わせ

TEL: 075-461-7024

FAX: 075-461-7167

LINE:@nishikikaden

Email: info@nishikikaden.jp

営業時間

9:00 ~ 19:00 (月~土)

10:00 ~ 18:00 祝日等短縮営業時

定休日は日曜日
お盆とお正月等不定休もあります。

東芝ダイレクト
Loading